幼児教育史学会

Japanese Society for the Historical Studies of Early Childhood Education and Care

幼児教育史学会会則



第1章 総則

第1条(名称)本学会は幼児教育史学会( Japanese Society for the Historical Studies of Early Childhood Education and Care)と称する。

第2条(事務局)本学会に事務局を置く。

第2章 目的

第3条(目的)本学会は人類社会における幼児教育の意義に鑑み、日本及び海外の幼児教育史研究を促進し、幼児教育の学問的進展と若い研究者の育成に貢献する。

第4条(活動)本学会は前項の目的を達成するため、原則として下記の活動を行う。
 1.年1回研究大会を開催する。
 2.年1回機関誌を発行する。
 3.年2回会報を発行する。
 4.会員への研究情報の提供、研究者間の交流を図る。
 5.その他本学会の目的を達成するための必要な活動を行う。

第3章 会員

第5条(会員の資格)本学会の目的に賛同し、学会の諸活動を積極的に担おうとする意志のある者とする。

第6条(入会手続き)所定の書式による入会申込書を理事会に提出する。

第7条(会費)会員は、会費を納入する。会費は、年 7,000 円とする。 但し、特例会員(学生・退職者等)は年 4,000 円とする。会費を納入した会員には、当該年度発行の機関誌、会報を送付する。

第8条(退会)会費を3年以上滞納した者は、理事会で退会した者とみなす。

第9条(名誉会員)本学会発展に多大な貢献のあった会員に、名誉会員の称号を贈ることができる。

第4章 機関

第10条(役員)下記の役員を置く
 1.理事10名、うち会長1名、副会長1名、事務局長1名とする。
 2.監査2名
 3.事務局幹事 若干名

第11条 (機関誌の編集委員会設置)機関誌の編集委員会を置く。 委員長は理事会の互選による。編集委員は理事が兼ね、必要に応じて特別委員を委嘱する。 投稿要領及び論文審査手続きは別に定める。

第12条(理事及び監査の選出)理事及び監査は、総会において会員のなかから選挙等により選任する。会長、副会長及び事務局長は、理事会において互選する。事務局幹事は理事会の議を経て、会長が委嘱する。

第13条(任期)役員の任期は、3年とする。但し、再任を妨げない。補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。

第14条(会長)会長は、本会を代表する。会長に故障がある時は、副会長が代行する。

第15条(理事及び理事会)理事は、理事会を組織し、会務を執行する。 理事会は、理事の3分の2以上の出席を以て成立する。

第16条(監査)監査は、会計および会務執行の状況を監査する。

第17条(総会)会長は、年1回会員の総会を招集する。会長は必要と認める時又は会員の3分の1以上の請求がある時は、臨時総会を開く。

第18条(議決)総会の議題は、出席会員の過半数をもって決する。

第5章 会計

第19条(経費)本学会の経費は、会費、機関誌売上金、寄付金その他の収入をもって充てる。

第20条(予算及び決算)本学会の予算及び決算は、理事会の議決を経て、総会の承認を得て決定する。

第21条(会計年度)本学会の会計年度は、毎年10月1日に始まり、9月30日に終わる。

第6章 会則の変更及び解散

第22条 本会則を変更するには総会参加者の3分の2以上の同意を得るものとする。又、本学会を解散するには、会員の3分の2以上の同意を得るものとする。

付則

1 本学会の設立をもって、近代幼児教育史研究会を解散する。前者は後者の全てを引継ぐ。
2 本会則は、2005年12月10日より発効する。
3 本会則は、2015年2月1日より一部改正、施行する。
4 本会則は、2015年 12月 5日より一部改正、施行する。



改正内容:新旧対応表(PDF)2015年12月5日